女性

自社で連結会計できる話題のシステム|スケジューラーで快適業務管理

迅速かつ高品質に作れる

2人の女の人

新入社員への指導や、業務内容の変更による説明を行なうとなると、指導を行なう社員にとって業務負担が大きなものとなります。マニュアル作成ソフトを導入することで、迅速に高品質なマニュアルを作成できます。クラウドシステムにより、離れた支社とマニュアルを共有することもできます。

もっと読む

報告書作成もスムーズ

スーツの人達

全国の広い地域に支店や子会社がある企業となると、親会社を含めて企業全体での利益計算が難しくなるでしょう。各支店や子会社からの状況を逐一調べ、計算することになるわけですから、時間や手間が大きく掛かります。支店や子会社の経営成績や利益の計算を行なうことを連結会計といいますが、普段から会社で社員の給与や必要経費の計算に追われている事務の社員ですと、この連結会計の業務を行なうとなると業務の負担が大きくなります。そこで利用ができるのが、連結会計システムの導入でしょう。アウトソーシングを行なう会社に計算の代行を行なわず、自社で負担となる連結会計を簡単に行なえるようになります。他の会社に会計を委託すると、結果が分かるまで時間が掛かることや、情報漏洩に関する懸念なども現れます。システムの導入により、必要なときに会社のグループ全体の利益や成績による計算ができるため、問題なく決算を出すことができるでしょう。

上場企業ともなれば、金融商品取引法に従って決算の報告書を開示しなければならないため、連結会計のシステムは必須となるでしょう。しかしながら、財務計算に関する書類は記載する様式も全て決まっているため、書類一つを作成するにも時間や手間が掛かります。連結会計システムを導入すれば、この記載する様式も初めからシステムに搭載されているので、誰でも簡単な入力で書類作成を行なうことができるでしょう。また、連結会計システムでは、連結会計制度の改正にも対応することができます。システムは開発した会社に依頼すれば随時更新してくれるので、どのような状況でも問題なく使用することができるのです。

業務を効率的に行なえる

オフィス

スケジューラーの導入により、スケジュール管理も手軽に行なえます。スケジュール記載も簡単にできるほか、クラウドシステムによってほかの社員とも情報の共有ができます。設備や社用車利用の報告や手続きも必要なく、社員同士が確認することで、社内業務を効率的に行なえるようになります。

もっと読む

企業利益を高めるシステム

3人の男性

企業の利益を上げる方法として、コスト削減による方法が多くの会社で採用されていますが、コストばかりを重視していては会社の利益を下げることにも繋がります。ワークフローシステムを導入することで、業務手順や進捗管理をリアルタイムで確認できるので、業務効率化により利益を向上させられます。

もっと読む